ホテルニューグランド横浜にてマジックショーを堪能しました

ページ更新日 17/09/08 横浜ホテルニューグランドでのマジックショーサムネイル



みなさま、大変ご無沙汰しております。

出張ホスト/女性専用性感マッサージ(東京/大阪)

pianissimoの一ノ瀬 海でございます。



たびたびのサイト更新にて

少々僕のサイトが乱立してしまった状況ではございましたが…

これからはこちらのブログページにて

僕のプライベートな時間の過ごし方について

ブログを書かせていただきますね。



以下、完全に個人的な趣味のお話となってしまいますが

お付き合いいただけます方は

どうか読み進めてみてくださいませ。



さて、お話はもうだいぶ前にさかのぼり

今年の5月ごろのことになるのですが…


ホテルニューグランド横浜


タイトルの通り

横浜の「ホテルニューグランド」にて催されました

前田知洋さんのマジックショーに行ってまいりました。




プロフィールの項目のところにも書かせていただいておりますが

実は僕、以前は趣味で手品/マジックを嗜んでおりまして

その頃のつながりから、今回のチケットをご手配していただいた

という次第なのです。


マジック道具イメージ、女性専用性感マッサージ


こちらの前田知洋さんという方は

かつて日本でマジックが一時期ブームになった際

世界仰天ニュースやスーパーテレビで特集が組まれるなど

方々のテレビ番組でも出演なされていた方。


テレビ番組でも活動する一流マジシャン


有名な引田天功さんなどの

いわゆる「ショー」性の高いステージマジックではなく


前田智洋さんは、トランプによるカードマジック

それにコインやロープなどを使った

観客と演者との距離が近いマジックである

「クロースアップマジック」という種類の手品をなされるマジシャンです。


カードマジック、テーブルマジック


また、英国王室チャールズ皇太子もメンバーであるという

"The Magic Circle London"

でのゴールドスターメンバーでもいらっしゃいます。




日本でのご活躍はもちろんですが

普段は海外セレブリティたちのサロンやパーティーに招かれて

マジックをご披露なさることが多く

日本国内では、各国の大使や、要人が来日された際などに

余興としてご披露なさることがあるとのこと…。


前田知洋さんマジックショーでのお品書き


僕が昔やっていたのも、カードマジックがほとんどでして

前田さんの紳士な立ち振舞いと、ユーモアの入り混じった手品のストーリーに

かつて、随分と憧れたものでした。



憧れが強すぎるのか、前田さんのご紹介がだいぶ詳細になってしまいましたね。



さて、当日の会場はホテルニューグランド横浜の3F

「ペリー来航の間」。

その名の通り、1854年にペリーが来航した神奈川港(当時)を眼下にのぞむ

なかなか壮麗な会場です。


ペリー来航の間


「マジックは知的な趣味、文化人の嗜み」

と言われることもしばしばなのですが

ご出席なされた面々も、なんだかクレバーそうな方が多い印象…

(僕が萎縮してしまっただけかもしれませんが笑)


セレブリティのための女性専用性感マッサージ、出張ホスト


そしてホテルニューグランドは、オープンが昭和2年という

大変歴史のあるクラシカルホテル。


マッカーサーからベーブ・ルースまで…

政治、財界、芸能の各国VIPを迎え入れてきたようです。


このマジックショーは、ニューグランド設立90周年のプレイベントとして

催されたものでした。


ホテルニューグランド横浜


そして、肝心の実際のマジックショーはというと


憧れの前田さんが目の前で演目をしてくれ

手品の内容やストーリー、お話の仕方、立ち振舞いなど…


様々なことが記憶に残ったのですが


何よりも僕の印象に残ったのは

ショーの合間のインタビューでの

前田さんのコメントでした。


山下公園


「私はエンターテイナーとして、お客様を喜ばせたい。

 そしてそのためには、まず自分の心を豊かにして

 それを、お客様におすそ分けするようにしなきゃ、と思っています。」


ご機嫌、不機嫌は伝染する、といいます。

自分が豊かでないのに

誰かを豊かにすることはできません。


ピアニッシモのサービサーとして


僕もサービサーとして、前田さんの言葉のような

そんな姿勢を持つようにしたい。

そう感じさせてくれた、素敵なステージでした。




そしてショーの観覧を終えて…

ホテルニューグランドに来たからには

1Fの「BAR シーガーディアンⅡ」

に立ち寄らなければなりません。


BARシーガーディアンⅡにて、特典トランプとカクテルヨコハマ

(赤いカクテルは、夕日が沈む横浜港をイメージした有名なカクテル「ヨコハマ」)


横浜はBAR文化が日本で最も最初に入ってきた街と言われ

横浜のオーセンティックなBARでは

今でも「シェイカーの蓋を客の側に向けてシェイクする」

ということが守られ続けているようです。


BARシーガーディアンイメージ



本来、シェイクするときは

万一失敗して、カクテルが飛び散ってしまうのを防止するため

シェイカーの蓋は自身のバーテンダーの側へ向けておくのが通常のマナーなのですが


開国してしばらくは、粗悪な輸入品のシェイカーしか手に入らなかったため

そもそもシェイクすると飛び散ってしまう、という事態となっていました。


横浜カクテルシェイクの流儀


そんなシェイカーで自身の側へ蓋を向けてシェイクすると

バーテンダーの衣服が汚れてしまう…


ということで、自分でないほうに向けてシェイクする

という流儀が生まれたのです。


横浜のBARをご案内可能な出張ホスト


もちろん、お客様のほうに向けてはまずいので

当時は、壁に向かってシェイクするなどの方法をとっていたようです。


その名残で、横浜の一部のBARでは、今でもシェイカーの蓋を客の側へ向けてシェイクする

という流儀が形として残っているようですね。




そんな横浜にて、マジックショーを堪能し

素敵な時間を過ごすことができた

5月のある日でした。


みなとみらいの夜景


長々と書かせていただきましたが…

僕は神戸での暮らしも長かったので、港街が好きなのです。


山下公園やみなとみらい、赤レンガなどのベイサイドはもちろん

中華街で美味しい中華料理に舌鼓をうったり

異国情緒溢れる元町でのショッピングも楽しそう。


東京都内も勿論いいのですが、横浜にはまた違った魅力もありますね。


横浜での出張ホスト、女性専用性感マッサージ


そんな横浜に、あなたもご一緒しませんか?

何度来ても、素敵な街です。

ぜひ、ご案内させてくださいね。


Share:

特集のバックナンバー

現在特集ページがありません。更新まで少々お待ちください。